生物物理学・1分子バイオテクのロジー研究のためのインターンシップ募集

将来、生物物理学(特に細胞生物物理学、脳神経の生物物理学)1分子ナノバイオロジーを、大学院生や研究者として研究することに興味がある方のため、私達の研究室ではインターン制度をはじめました。

インターン生は、私たちの研究室においてこれらの分野の研究者や大学院生と交流し、指導を受け、実際に研究補助や研究をして、将来の進路の参考にしていただくことを目的としています(時給が出ます)。

現在の大学の仕組みでは、早くから本当の研究に触れたい学生、研究を始めたい学生を伸ばすことが難しくなっています。本当に育てるべき、やる気のある学生、優秀な学生の能力をさらに引きあげる制度がないと言ってもよいでしょう。欧米諸国と比較した時、例えば、学部生のための有給のサマースチューデントなどの仕組みが一般化していないことは大きなハンディになっています。これを一部でも補完することを願っています。

★資格:大学1年生‐4年生 大学院1年生‐2年生

◆いつでも開始できます
 (主に夏休みを利用して研究を立ち上げ、以降継続します)

◆研究時間は極めてフレクシブルです

◆時給 : 1,000‐1,600 円
 (研究能力や経験によって変動します)

◆勤務場所は、
 京都大学再生医科学研究所 楠見研究室 / 科学技術振興機構 膜機構プロジェクト
 606-8507 京都市左京区聖護院川原町 53

◆連絡はメールでお願いします。件名は「インターン募集の件」として下さい。
 akusumifrontier.kyoto-u.ac.jp (@は画像になっています。)